セッション情報

SAP HANAは単なるインメモリーデータベースではなくて、アプリの開発実行プラットフォーム

セッション内容

SAP HANAは、業界をリードするインメモリーデータベースとしてその知名度を高めつつありますが、その機能や可能性は単なる「速いRDBMS」には止まりません。 データの処理では予測系アルゴリズム、地理空間情報エンジン、テキスト検索、テキスト処理、グラフエンジン等様々な機能が存在します。 さらに、同梱されるアプリケーションサーバ機能HANA XS上にWebアプリケーションを直接でデプロイすることができHANAだけでアプリケーションを動かすことができます。 XSでは定義ファイルを1つ足すだけでテーブルやビューからOdata形式のRESTサービスを作成したり、サーバーサイドJavascriptを動かすこともできます。 本セッションでSAP HANAの新たな可能性を体験してみてください。* 本セッションは14時からの同タイトルのセッションと同様の内容になります。

セッション概要

イベント developer_day
トラックID F-3 時間帯 15:00 - 15:45
ルーム Rokko(14席) 形式 テクニカルディープセッション
スピーカー 杉下 誠
ハッシュタグ #cmdevio2015F

セッションスライド

更新日: 2015-03-09 16:00

タイムライン

イベントへのお申し込み

Business Day / Developer Dayの各お申込ページよりお申込ください